二葉商事株式会社

 

会社沿革

会社案内トップ



武士(さむらい)の商法

創業90年に際して 文責 岡本昌三

人に歴史があったり、生い立ちが性格に表れたりするものですが、企業にもそれなりの歴史と生い立ちがあると思います。

今、三社グループ(岡本燃料、二葉商事、三星商事)のルーツを訪ねると、ちょうど創業90年になり、この節目に一度原点を探ってみるのも無駄ではないと思います。十年一昔といいますから、まさに時代的には昔々の話になり資料も紛失しているので時代考証も定かではありませんが、口伝えによるものを整理してみることにします。


創始者岡本孝吉は、秋田県佐竹藩の下屋敷(今の墨田区吾妻橋アサヒビールの所のようです)に仕官していた武士の家系に生まれましたが、廃藩置県(明治4年)を契機に出入り商人の薪炭商(榊原商店という大店)に見習いに出ることになり、その後明治33年(1900年)に薪炭商を創業しました。
これが今日、三社がエネルギー関連に従事する発端となったわけです。
しかしながら、大正12年の関東大震災で一家全滅に遭遇し、ただ1人岡本亀吉が早稲田大学の学生であり、ボート部に在籍し選手として荒川・尾久の艇庫に合宿中でこの難を逃れることができました。
後に大隈邸の火の番や、早稲田実業学校の柔道師範等をして書生生活を送り、卒業後、1年志願で軍隊生活を送り、除隊後に家業の薪炭商を復活しました。
独り立ちするに際しては、大学当局や運動部の仲間の人たちの暖かい声援もあり、開業後一番最初のお客様は早稲田大学の大隈会館であったようです。
そしてわが国の国際的孤立化から端を発した第一次、第二次世界大戦と、動乱の中にあっても店の維持に努力していましたが、再び昭和20年(1945年)3月10日の東京大空襲により壊滅的打撃を受け全てを失いました。

戦後、時節柄、燃料統制が行われ、配炭公団に勤務し、商売は中断の止むなきに至りました。戦後の自由化が進み、経済も立ち直る兆しが見え始め、昭和24年(1949年)統制が撤廃されるや、いち早く岡本商店として復活し、扱い品目も石炭、コークス、と間口を広げ、更に、エネルギー革命の走りである液体燃料に着目し、東西交易(後に三菱商事と合体する)との取引を開始し、墨田区に油槽基地を設け、燃料油としての重油の販売に取り組み、昭和31年に企業形態も岡本商店から渇ェ本燃料へ改組し、発展の基礎を固めました。

その後エネルギー革命は更に液体から気体へと変化を見せ始め昭和35年に東京ガス鰍ェプロパンガスの販売を計画する処となり、当時東京コークス(東京ガスの関連会社)の特約店をしていた岡本燃料に誘いがあり、その第一次販売会社として名乗りを上げ、プロパンガスの販売に着手することとなりました。
従来の固体燃料とその取り扱い手段は著しく異なり、お客様の生命、財産を守る保安という観念を持つ仕事から業態の異なる仕事として、翌昭和36年(1961年)にこの部分を分離し独立会社として二葉商事鰍ェ設立されました。社名の由来につきましては、創業の地が本所二葉町であったこと、本来の木から枝分かれした若葉の意味からこの名がついたように思います。


これを機に東京ガスとの関わりも一層深くなりサービス店業務も手がけることとなり、江東区南砂に東京ガス南砂サービス店を開設しました。
市場の発展ときめ細かい消費者へのサービスが要求されるこの業態から、地域密着型としてサービス店部門を第三番目の会社として分離独立し、昭和44年に三星商事株式会社を設立することとなりました。当時、東京ガス関連の会社の社標には星印が多く利用されていたことと、三番目の誕生ということから三星商事という社名になりました。

そして、それぞれが今や90年、30年、20年と歴史を持つ会社に発展し、グループの強固な結びつきを持った上に、特色ある社風をかもし出し切磋琢磨しあっている現状です。
そしてその根底に流れるのは、背伸びをせず、人を裏切らず、真面目一方が特色であり、一方で新しいものへ挑戦する進取の精神と意欲は、まさに古来の武士道に似るものがあるのではないでしょうか。
企業は存続することに大きな意義があります。近代的武士道商法にご理解頂き、皆様のご協力を得ながら皆様と共に21世紀へまた飛躍していこうではありませんか。

  沿革
昭和36年 5月1日 創立
   39年 4月 東液プロパン城東サービスセンターとして発足
   41年 9月 東京ガス稲毛サービス店開設
   43年 8月 木更津出張所開設
   50年 3月 隔週5日制導入
   51年 5月 千葉ガス千代田サービス店開設
   52年 2月 本社コンピュータ導入
   56年 5月 20周年式典 
   60年 8月 勤務カレンダー制導入
   61年 5月 25周年式典 
   64年 12月 自動検針システム導入 本社営業所
平成 2年 9月 創業90周年 (二葉商事設立30周年)
    3年 5月 優良申告法人受賞 (江東東税務署)
   12年 7月 私募債の発行認可を受ける
   13年 1月 創業100年および創立40周年記念を兼ねて新年会開催
   17年 7月 千葉ガスユーカリが丘サービス店、「千葉ガスリビング臼井」へ移行(業務受託)
   18年 9月 千葉ガス千代田サービス店、「千葉ガスリビング千代田」へ名称変更
   18年 10月 東京ガスエネルギー特約会社の呼称を「オール東京ガス・エネライフ」と定め統一
   19年 7月 「千葉ガスリビング佐倉」開設(業務受託)
   20年 4月 柏営業所(LPG)開設
   21年 4月 稲毛営業所(エネスタ稲毛)を東京ガスライフバル千葉に分社移管
   21年 9月 市原営業所(LPG)開設
   25年 8月 千葉ガスリビング千代田・臼井・佐倉を臼井に統合
   27年 7月 柏営業所を本社営業所・千葉営業所に統合
   28年 5月 千葉ガスリビング臼井を(東京ガスグループ エネスタ臼井)へ名称変更

 
Copyright © 2001-2009 Futaba Shoji Co.,Ltd All rights reserved
トップページ
会社概要
LPガス事業
リフォーム